ここから本文です

9頭身美女・熊江琉唯、グアムココハーフマラソンで2時間03分11の自己新記録

10/31(火) 11:30配信

デビュー

 2017年三愛水着楽園イメージガールを務めたモデル・熊江琉唯が29日、グアム政府観光局主催のロードレース『グアムココハーフマラソン2017』に出場。熊江、2時間03分11の自己新記録をマーク、女子21位という好成績でゴールした。

【写真】レースに臨んだ熊江の様々な表情

 グアムココハーフマラソンのスタートは早朝の4時とあって、まだ辺りの暗い午前3時に会場に到着した熊江。ランニングウェアは上下ブラックで統一。暗闇の中でもナイキのシューズ「ナイキ ズームフライ」のオレンジが目立つスタイリングだ。

 最前列からのスタートとなった熊江は、上位を狙うランナーのスタートダッシュに惑わされる事なく、自身のペース配分を守って2時間03分11という自己新記録へと繋げた。熊江は「とても暑くて苦しかったですが、ペースを守り頑張りました」とレースの感想を述べた。

 首都ハガニアをスタートし、グアム島の西海岸を走る今回のコースは、その約70%が海岸沿いで高低差の少ない走りやすいコース。波音を聞き、近くに海を感じながらリゾートランを満喫することもできる。

 ほとんどのランナーが空が明るくなる前にゴールすることとなり、熊江も空が白みかけて来たころに笑顔でフィニッシュした。熊江は「星空がキレイでした。東京は雨が続いていたので、走りこみ不足でしたが、自己記録でゴール出来たので満足しています。でも2時間は切りたかったです。次の機会には2時間を切りたいですね!!」と次回のレースに意欲を見せた。

 「グアムココハーフマラソン2017」はハーフマラソンのほか、10Kラン/ウォークと5Kラン・ウォークも行われ、参加人数はトータルで2005人(うち日本人は195名)で、女子ハーフマラソンの優勝タイムは1時間27分24秒だった。

最終更新:10/31(火) 11:52
デビュー