ここから本文です

仲間由紀恵、“毒っ気たっぷり”誕生日ケーキに苦笑「こ、怖い!」

10/31(火) 12:54配信

オリコン

 女優の仲間由紀恵が30日、出演中の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00)の撮影現場で38歳の誕生日を迎え、主演の井上真央と共演の及川光博らからサプライズでの祝福を受けた。井上から手渡されたケーキは仲間演じる“毒親”吉岡真紀子の劇中写真が飾られており、そんな自分の姿を見た仲間は「こ、怖い! なんで最も怖い写真を選んだの!?」と苦笑しきりだった。

【写真】仲間由紀恵の“毒親”ぶり発揮シーンが再現されたケーキ

 同ドラマは井上演じる主人公で高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が人間関係に悩みながら生徒の死の謎を追うヒューマン・ミステリー。ケーキには第1話で仲間が演じる真紀子が息子・圭吾(遠藤健慎)の背後からスマートフォンでのやりとりを覗き込む“毒親”の演技で視聴者を恐怖に陥れたシーン。井上が「怖い~」、及川も「このシーンね、怖かった」と思わず漏らすほどで、仲間は「お心遣いありがとうございます。う、うれしいです…!」と困惑気味に笑顔をみせた。

 番組タイトル『明日の約束』にちなんで、新しい1年の約束を聞かれた仲間は「年々気付くと歳を重ねているので、ここらで自分をちゃんと振り返って、さらに感謝の気持ちを忘れずに、より親孝行をして、周りへの感謝を伝えられるような1年にしたい」と抱負を掲げた。先日、自身の誕生日には見事なターンと投げキスで意気込みを語っていた及川から「立派なコメントですね。ターンとかはしないんですか? ハロウィンのコスプレとかはしないんですか?」と茶々が入り、現場は笑いに包まれていた。

最終更新:10/31(火) 13:57
オリコン