ここから本文です

郁恵&伊代&美奈代、“2世”息子たちの活躍に密着 苦悩する姿に涙も…

11/1(水) 11:00配信

オリコン

 タレントの榊原郁恵、松本伊代、渡辺美奈代が、1日放送の日本テレビ系バラエティー番組『一周回って知らない話』(毎週水曜 後7:00)に出演。一世を風靡した元アイドルの3人ともに息子たちが芸能界で活躍中とあって、今回、番組では“2世”として必死にもがく、榊原の息子・渡辺裕太、松本と夫・ヒロミの息子・小園凌央、渡辺の息子でヒップホップアーティストの矢島愛弥に密着。テレビでは見せない息子たちの苦労や悩みを目にしたとき、榊原と渡辺の目から涙が溢れる。

【写真】俳優・レポーター・アーティストとして活動する2世たち

 同番組では東野幸治がMC、川田裕美はアシスタントを務めテレビでは当たり前として扱われている“今どきの視聴者”が知らない疑問を調査。その疑問を本人に直接ぶつけて明らかにしていく。今どきの視聴者から「子どもが芸能界に入ったことは、賛成、反対、どっちなの!?」と聞かれた3人の回答は一致。それぞれ子どもから芸能界に入りたいと打ち明けられた瞬間を再現ドラマで紹介する。

 裕太は現在、同局夕方のニュース番組『news every.』のレポーターなどで活躍中。芸能界に興味のなかった裕太だが、高校時代のある経験をきっかけに俳優の養成所に入ろうと決意。小園は両親から「芸能界には向いていない」と決めつけられていたが自ら受けた芸能事務所のオーデションに合格。矢島は小学6年生のときに、思いも寄らない場所で、芸能界入りを突然告白して美奈代を驚かせたエピソードを明かす。

 密着では「すぐ消える」という不安から劇団などにもチャレンジしている裕太、下地のなさから壁にぶちあたりアクションの道を切り開こうとする小園、母に甘えまくりでレッスンでも厳しく叱られてしまう矢島など苦悩する姿も。さらに母たちが息子のことをどのくらい理解しているのか試すために、息子たちに出された質問の答えを母親たちが当てるというクイズを実施する。

最終更新:11/1(水) 11:00
オリコン