ここから本文です

新議長に吉田氏 県議会副議長は柳沼氏選出

10/31(火) 9:57配信

福島民報

 福島県議会臨時会は30日に開かれ、本会議で第73代議長に自民党の吉田栄光議員(53)=双葉郡、4期=、第76代副議長に自民党の柳沼純子議員(70)=郡山市、4期=を選んだ。正副議長とも最大会派の自民党が独占した。
 正副議長は出席議員54人による単記無記名の選挙で選んだ。議長選では吉田氏が49票、共産党の神山悦子議員(62)=郡山市、5期=が5票だった。自民、公明の両党、民進党・県民連合、ふくしま未来ネットが吉田氏に投票し、共産党は神山氏に投じた。
 吉田議長の下で副議長選を行い、柳沼氏が30票、民進党・県民連合の宗方保議員(69)=須賀川市・岩瀬郡、5期=が24票を得た。自民、公明の両党、ふくしま未来ネットが柳沼氏、民進党・県民連合と共産党が宗方氏に投票した。

■女性初の副議長 双葉郡選出議長28年ぶり

 双葉郡選出議員の議長就任は1987(昭和62)年5月から1989(平成元)年3月まで務めた故早川理久氏以来で28年ぶり。女性の副議長の就任は初めて。郡山市の議員からの選出は1997年9月から1999年4月まで務めた柳沼氏の夫の故秀雄氏以来18年ぶり。

福島民報社

最終更新:10/31(火) 11:26
福島民報