ここから本文です

【全文】新MERY社長インタビュー コスト激増の中での成長戦略は?

2017/10/31(火) 7:00配信

BuzzFeed Japan

著作権や正確性の問題で、昨年12月から休止していたDeNAの女性向け情報サイト「MERY」が11月21日に再始動する。編集の主導権を握るのは、8月にDeNAと共同出資で「株式会社MERY」を立ち上げた小学館。老舗出版社とIT大手のタッグは再建に向けて、どんな戦略を描くのか。MERYの山岸博社長(小学館副社長)と、江端浩人副社長兼サービス戦略本部長(DeNAメディア統括部長)がBuzzFeed Newsのインタビューに答えた。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】

小学館の校閲・編集者がチェック

――昨年12月の休止から約10カ月。MERY再開に向けてどのような準備、議論が重ねられてきたのでしょうか

山岸:まず8月8日に小学館とDeNAで新しい「株式会社MERY」を登記しました。それ以前から「新しいMERYを作りたい」と協議を重ねていました。公認ライターを新たに募集して、その人たちを教育すること。それと、(記事編集から公開までの)フロー作りが重要で、そこがかなり大変でした。

旧MERYではノーチェックみたいな形で記事が流れていたと思いますが、新MERYでは、「公認ライター」さんたちに原稿を書いてもらい、小学館で雑誌をやっていた校閲10数人でチェックします。

さらに、旧MERYでは特に著作権の問題が多かったので、小学館の社員が記事と写真の権利関係を全部チェックしてから公開するという、手のかかる体制を作って、なんとか動き始めています。

非常にワクワクしているんですけども、実際には、前のMERYと同じものを作ることはできないかなと思います。

今回は量より質を重視していかないとならないし、色々な出来事が起こった中で、すぐまたトラブルを起こすわけにもいかない。すごく慎重に立ち上がらないといけないなと考えています。

大学生中心の「公認ライター」

――公認ライターとは? どのような方々が集まっているのでしょうか

山岸:旧MERYがそうだったと思うんですけど、読者に近い人たちが書いた原稿を上げていきたいという思いがあったので、公認ライターを募集しました。

10代も少しいますが、20代が中心ですね。大学生が多いと思います。もうちょっと集めないとダメかなと思うんですけど、現状で50人くらいです。随時募集をしております。

私も時間がある限り面接をやったんですけど、基本的には仕事を誠実にやっていただけそうな人、発信力のあるような人を中心に選びました。旧MERYに関わっていた方も何人かいらっしゃいます。

――では、MERY全体でどれくらいの人数になるのでしょうか?

山岸:公認ライターも入れれば、大まかに100人弱くらいでしょうか。30人くらいのMERYオリジナル編集部の中に、小学館からチェックに入ってる人間が8人います。みんな編集長をやったようなベテランの人が多くて、何が良くて何が悪いか、わかってる人たちにお願いしています。

――公認ライターの応募資格を「経験不問(PCの基本操作ができればOK)」としているのはなぜですか?

山岸:(面接の際には)発信力があるか、嘘をつかない人かなどを見ていますが、今の大学生はほとんどPCを使いこなせますよね。そこをベースに考えたんですが、書いていただいた原稿を見ても本当にいい原稿を作られるなと思います。

「誰だってできる」という言い方は変ですけど、大学生で発信力のある方たちは、やっぱり原稿も書けますね。

江端:ライターさんは自分が好きなものを人に知ってもらいたいという気持ちが大切と思っています。MERYは日本で一番「好き」が集まる場所にしたいと思っていますので、とにかく「好き」なものがあるかが非常に重要だと思っています。

――編集部から記事のテーマやトピックを指定するのでしょうか?

山岸:いえ、本人がこういうことを書きたいという話があって、それを書いてもらってるという感じでしょうか。

江端:以前のMERYでは(編集部がテーマを指定することが)少しあったようですけども、基本的には自分の好きなものを書いていただいていたという認識です。別のメディア(編集部注:DeNAが運営した医療健康情報サイト「WELQ」)であったクラウドソースによるライティングみたいなことは一切やりません。

1/5ページ

最終更新:2017/10/31(火) 9:47
BuzzFeed Japan