ここから本文です

松岡茉優、初主演映画で歌唱 監督の狙いは「見ている人の心にズドンと届けるため」

2017/10/31(火) 7:46配信

MusicVoice

 女優の松岡茉優(22)が30日、東京・六本木でおこなわれている『第30回東京国際映画祭』でコンペティション部門にノミネートされた映画『勝手にふるえてろ』の舞台挨拶、記者会見に共演の、黒猫チェルシーの渡辺大知(27)、石橋杏奈(25)、DISH//の北村匠海(19)と作品でメガホンをとった大九明子監督とともに登場。松岡は初主演となった今作への挑戦を振り返った。

【写真】舞台挨拶のもよう

 映画『勝手にふるてろ』は19歳で芥川賞を受賞した作家・綿矢りささんの恋愛小説の実写化映画作品。ある日突然告白してきた職場の同僚と、中学時代からの片、思いの相手との間で恋に悩む女性の様を追ったストーリー。ヒロインであるこじらせ系女子・江藤良香を松岡、中学自体の片思いの相手“イチ”役を渡辺、職場の同僚“ニ”役を渡辺が担当、石橋は良香の友人、月島来留美役を演じる。

 今回の役柄への挑戦について松岡は「ほとんど一人相撲というか。一つの部屋で感情の起承転結をつけるというか、シーンが成立するために上げて、下げて、止まって、動いてというのを、台詞の中で自分で色や角度、緩急をつけていくというのが、最初は戸惑いました。でも、だんだんそれが気持ちよさに変わり、一人だからこそできる新しいチャレンジを行ったことが、今回やっていて新鮮なところでした」と充実した経験を振り返る。

 監督、俳優という間柄で3年間の付き合いとなり、信頼関係を築き上げている大九監督と松岡だが、今作では劇中挿入歌とし大九監督が作詞した楽曲「アンモナイト」を、松岡が歌う。このアイデアについて大九監督は「どうやって前半が、彼女の脳内の会話だったのだということを明かすかということで、単純にモノクロにしてみたり、アスペクト比(画像として見える範囲の縦横比)をキュッと狭くしてみたり、いろいろ考えていたけど、“やっぱり見ている人の心にもっとズドンと届けるには、説明をしよう!”と思って」とその演出を行った意図を明かす。

 そして「そこにメロディを乗せて、私は割とカメラ目線の松岡を好んで過去の二作品をやってきているので、ここでそれをやろうと思って、絶対に気が付くという構成を心がけました」とその狙いを説明しながら「とにかくこの映画としてすべきことは、気取った体裁を作ることではなく、良香という人間をちゃんと見た人に届けるということが最大命題だと思っていたので、とにかく物語として必要な演出にだけこだわって撮りました」と制作に向けた自身の信念を明かしていた。

 また、今回映画初主演となった松岡に「出ずっぱりで大変だったのでは?」という質問が及ぶと、松岡は「ほぼ全シーンにわたって自分が出ているこということは、私は小役からやっているもので、あこがれの時間だったので、撮影しているときは殻に閉じこもってしまったけど、終わってみると、本当になんて贅沢な時間なんだと思いました」と記念すべき初主演の現場の様子を振り返っていた。【取材・撮影=桂 伸也】

最終更新:2017/10/31(火) 7:46
MusicVoice