ここから本文です

雲仙・仁田峠、紅葉見ごろ 一気に色づく

10/31(火) 10:06配信

長崎新聞

 島原半島の普賢岳や妙見岳付近で紅葉が見ごろを迎えた。カエデなどが山肌を赤やオレンジに彩り、仁田峠駅-妙見岳駅を結ぶロープウエーや登山道では、行楽客らが秋色に染まる雲仙の表情を楽しんでいる。

 一帯は「普賢岳広葉樹林」として1928年、国の天然記念物に指定された。雲仙ロープウェイによると、紅葉の時期は例年並み。先週末に冷え込む日が続いたことで一気に色づいたという。紅葉はこれから標高が低い地点へ広がり、雲仙温泉街では11月下旬ごろまで見ごろが続きそうだ。

長崎新聞社

最終更新:10/31(火) 10:06
長崎新聞