ここから本文です

勉学に励むことで、給料と大卒資格がもらえるお得な学校

2017/10/31(火) 18:20配信

ファイナンシャルフィールド

「防衛大学」とよく言われますが、正式名称は「防衛大学校」です。

つまり、「大学」では、なく「大学校」です。「大学校」は、卒業しても、大卒と同じように「学士」を、必ず、取得できるわけではありません。

しかし、一部の「大学校」の中には「学士」が取得できる学校もあります。

しかも、在学中、勉学に励むことで、給与(手当)をもらえる学校もあるのです。そんなお得な「大学校」をご案内します。

「大学校」って何?

高校卒業後の進路に「大学」があります。「大学」は文部科学省所管の学校教育法が定める教育機関です。

一方、「大学校」は、文部科学省所管以外の省庁等(厚生労働省、農林水産省、国土交通省、防衛省、気象庁、自治体など)所管の教育機関をいいます。

「大学校」の目的は、各省庁の幹部候補生や技術系職員の育成など専門職業人の育成にあります。

特徴としては、学費が安く(あるいは不要)、寮の利用が可能な場合が多い点があげられます。入試の難易度は全体的に高めです。

《例》

国立看護大学校(厚生労働省)
航空保安大学校(国土交通省)
航空大学校(国土交通省)
海上技術短期大学校(国土交通省)
水産大学校(農林水産省)
防衛医科大学校(防衛省)
防衛大学校(防衛省)
海上保安大学校(海上保安庁)
気象大学校(気象庁)
職業能力開発総合大学校(厚生労働省)
職業能力開発大学校(厚生労働省)
職業能力開発短期大学校(厚生労働省)
産業技術短期大学校(自治体)
農業大学校(自治体)
林業大学校(自治体)
栃木県立衛生福祉大学校(栃木県)
長野県福祉大学校(長野県)

など

「学士」の学位が取得でき、給料がもらえる「大学校」

《「学士」の学位が取得できる「大学校」》

「学士」の学位が取得できる「大学校」は、卒業後、申請により、独立行政法人大学評価・学位授与機構により「学士」の学位が授与されます。

該当する大学校は以下の通りです。

「防衛大学校」(4年)
「防衛医科大学校」(学科により6年または4年)
「水産大学校」(4年)
「職業能力開発総合大学校」(4年)
「国立看護大学校」(4年)

《給料がもらえる「大学校」》

給料をもらえる「大学校」は、入学と同時に、特別職国家公務員、国家公務員になります。

給与は省庁により、月額11万円~15万円程度です。賞与も支給されます。入学金や授業料は必要ありません。仕事は勉強することです。

該当する大学校は以下の通りです。

「航空保安大学校」(2年)
「気象大学校」(4年)
「海上保安大学校」(4年6ヵ月)
「防衛大学校」(4年)
「防衛医科大学校」(学科により6年または4年)

《「学士」の学位が取得でき、給料がもらえる「大学校」》

以上から、「学士」の学位が取得でき、かつ、給料がもらえる「大学校」は、以下の通りです。

「気象大学校」
「海上保安大学校」
「防衛大学校」
「防衛医科大学校」



Text:新美 昌也(にいみ まさや)
ファイナンシャル・プランナー。

ファイナンシャルフィールド編集部