ここから本文です

大奄美の新入幕に沸く 鹿児島県奄美大島

10/31(火) 13:00配信

南海日日新聞

 大相撲九州場所の番付が発表された10月30日、大奄美(本名坂元元規、龍郷町出身)新入幕の朗報に地元の鹿児島県奄美大島は沸いた。幼少時からの奄美での活躍を知る人や相撲競技の関係者からも喜びや期待の声が聞かれた。

 母、坂元昌代さん(52)は、同日朝に本人から直接、幕内昇進の知らせを受けた。「とにかく良かったと思い安心しました」と喜び、「皆さんに応援していただいたおかげで、本当にありがたい。けがをせずに、これからも頑張ってほしい」とわが子の活躍を願った。

 奄美市立赤木名中で大奄美を指導した永井信也さん(45)は、教え子の昇進の知らせに「大変、うれしい」と声を弾ませ、「彼の頑張る姿は島の人はもちろん、同世代の島出身力士たちにもいい影響を与えている。さらに上を目指して、角界に名をはせる力士になってほしい」と期待した。

 県相撲連盟大島支部の山田紘一支部長は「新入幕のニュースに心が踊った。彼は幼少時から努力家で、その姿はスポーツ少年団などで頑張っている子どもたちの励みにもなっている」と、大奄美の努力と精進を評価。「奄美の相撲界を盛り上げる力士になってほしい」と激励した。

奄美の南海日日新聞

最終更新:10/31(火) 13:00
南海日日新聞