ここから本文です

【ブラジル】連続利下げ、基本金利7.5%に

2017/10/31(火) 4:10配信

サンパウロ新聞

 ブラジル中央銀行(BCB)の通貨政策委員会(Copom)は25日の会合で、基本金利(Selic)を年8.25%から年7.50%へ引き下げることを決めた。9会合連続での引き下げとなった基本金利は、2012年10月から13年4月まで適用された史上最低金利(7.25%)にまた一歩近づいた。金融機関のアナリストらは、基本金利はこの先も下がり続けて17年末時点で7.00%に到達し、18年末までその水準が維持されると見ている。伯メディアが26日付で伝えた。

サンパウロ新聞

最終更新:2017/10/31(火) 4:12
サンパウロ新聞