ここから本文です

パパママ必見!こどもといこう東京モーターショー!

2017/10/31(火) 12:04配信

オートックワン

親子で東京モーターショー2017準備編

2年に1度のクルマの祭典、東京モーターショー。実は、中学生以下の入場料は無料であるため連休のおでかけイベントとしてももってこいだ。

こどもと東京モーターショー2017を楽しむ秘訣はここ!

記事を読んで不安な点をなくし、3連休に東京モーターショー2017を親子で楽しもう!

ルート設定は、中学生以下の子供を想定している。


どんな服装、持ち物でいけばいいの?(準備編)
【服装】

外は寒く、モーターショー会場内は汗ばむ程に暑いので、脱ぎ着ができる格好がおすすめ。靴は、距離を歩くので、履きなれた歩きやすいものを選ぼう。

様々なイベントを体験したり、子供の手をつないだりすることを考えると両手があく格好が望ましい。

いざという時のためにまいごふだも用意しよう!

【持ち物】

土日祝日は特に混雑が予想される。また、会場は広く移動するのも一苦労であるため、会場内での飲食物の購入は困難。飲み物、グミなどのおやつ、ちょっとしたご飯を持っていこう!子供が小さい場合は、しっかりご飯があると良い。

また、各ブースでは、A4サイズ位のカタログ冊子等を配布している。大きめのリュックサックと、折り畳みトートバックを持っていくと便利。

会場内は混んでいるので、乳幼児は、ベビーカーよりも抱っこひもがある方が便利!東京ビッグサイトは上下の移動が大変だ。なお、東京モーターショー側での、ベビーカーの貸し出しは行っていない。

【パパの準備は?】

パパが一番すべきことは、心の準備である。ついキレイな女性コンパニオンに、新型車やコンセプトカーにと目を奪われて子供から目を離してしまいがちだが、常に子供の記録を撮るという意識で望もう。

重い荷物を率先して持ち、子供の記録をしっかりと収めることで家族への好感度を高めよう!

リードする格好いいパパの姿にママも惚れ直し、美女も罪悪感なく堪能でき、子供との思い出もしっかり残せる。1石3鳥で、皆ハッピーのはず…??

1/3ページ

最終更新:2017/10/31(火) 12:04
オートックワン