ここから本文です

日本初公開「308 Allure BlueHDi」ほか、プジョーの東京モーターショー2017出展概要

10/31(火) 11:16配信

乗りものニュース

ジャパンプレミア、発売開始

 フランスの自動車メーカーであるプジョーは、東京ビッグサイトにて2017年11月5日(日)まで開催中の「東京モーターショー2017」にブースを出展、日本初公開1台を含む最新モデルが並びます。

この記事の画像をもっと見る(61枚)

 今回が日本初公開となる「308 Allure BlueHDi」は5人乗りの5ドア・ハッチバック。2014年秋より日本国内へ導入され、同国内販売の中核を占める「308」シリーズのマイナーチェンジモデルで、その外観はプジョーの最新デザインコードを反映しているといいます。パワートレインは1.6L 4気筒の「BlueHDiクリーンディーゼルエンジン」に、6速ATを組み合わせます。もちろん、アクティブセーフティブレーキやレーンキープアシストなど、プジョーの先進安全技術「ADAS(Advanced Driver Assistance System)」も搭載。オーディオのタッチスクリーンは日本語に対応しています。

 10月25日(水)のプレスデーに発表、同日販売を開始しています。「308」シリーズは279万9000円(税込)より、「308 Allure BlueHDi」は299万9000円(税込)です。

 そのほか、以下のような車両が出展されました。なかでも「2008 CROSSCITY」は10月10日(火)に発売されたばかりの、、街とオフロードの両方でドライビングを楽しめることをコンセプトとした特別仕様車です。

・208 Allure (5ドア・ハッチバック)
・2008 CROSSCITY (SUV、特別仕様車)
・3008 GT Line (SUV)
・5008 GT BlueHDi (SUV)

※ ※ ※

「東京モーターショー2017」プジョーブースは、東展示棟東2ホール。プジョーオーナーはブースにてプジョー車のキーを提示すると、オリジナルグッズがプレゼントされるとのことです。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/31(火) 11:16
乗りものニュース