ここから本文です

【映像】脳性まひでマラソンに挑戦 英男性が450万円基金集め

2017/10/31(火) 17:28配信

アフロ

 生後半年で脳性まひのため「将来歩くことはできないだろう」と診断されたイギリスのケント州に住むパトリック・バーデンさん(24)が、2度のマラソンに挑戦して、脳性まひと運動困難者のための慈善団体に3万ポンド(約450万円)の基金を集めた。
 バーデンさんは今年、5日かけてロンドン・マラソンを歩き通し、マンチェスター・ハーフマラソンは3日で歩き切った。来年はニューヨーク・マラソンに挑戦するという。
 それだけではない。頑張り屋のハーデンさんは9歳から17歳まで地元の障がい者サッカーチームに所属、大学ではスポーツ科学の学位を取得した。さらに、イングランド・サッカー協会公認のレベル1と2のコーチ資格がある。
 「スタートに立っただけで、私にはやりたいことがたくさんある」と、ハーディンさんはこれからの抱負を語った。

(イギリス、ショーン、10月30日、映像:SWNS/AFLO)

最終更新:2017/10/31(火) 17:28
アフロ