ここから本文です

10月31日相場状況

10/31(火) 14:19配信

済龍 China Press

<為替>

31日の為替市場は、引き続き円高が進んでいます。
アメリカで、法人税の引き下げが段階的なものになる可能性が、
でてきたため、ドルが下落しました。

<原油>

WTI原油先物   54.01
Brent原油先物   60.45

API原油在庫 (10月24日発表) +591万バレル
EIA原油在庫 (10月25日発表) +856万バレル

原油価格は引き続き上昇しています。
OPECとその他非加盟原油産出国は、
11月末に原油減産に関する協議を開催しますが、
原油減産体制が維持されるとみられています。
ただし、既に上昇傾向が長く続いているため、
上げ幅は小さくなっています。

<金・銅>

ニューヨーク金先物 1276.17

アメリカ金先物は上昇。
ドルが下落した影響で、金を買う動きが見られます。

LME銅 6842.0

現在銅は小幅に反発しています。
ただ、それでも先週水準には戻っていないため、
11日1日の日本銅建値更新は、下げ調整が行われる可能性が高くなっています。

<株式>

アメリカのダウ平均株価は反落しています。
上記法人税関連の報道や、トランプ大統領の元外交顧問のロシア疑惑によって、
市場に消極性が見られます。

<ニュース>

来日中である、フィリピンのドゥテルテ大統領が、
安倍総理と会談を行いました。

トランプ大統領の訪日は、11月5日から7日までを予定しています。

任天堂は2017年4月―9月の経営報告を提出、
Nintendo Switchの販売が予測を上回ったため、業績は大幅に改善しました。

最終更新:10/31(火) 14:19
済龍 China Press