ここから本文です

<高校駅伝>1日熊谷で号砲、女子見どころ 埼玉栄と昌平でしのぎ削る展開か、本庄東も地力十分

2017/10/31(火) 10:30配信

埼玉新聞

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝県予選(埼玉新聞社など後援)は11月1日、男子78校、女子48校が参加して行われる。熊谷スポーツ文化公園陸上競技場および周辺特設コース(男子=7区間42・195キロ、女子=5区間21・0975キロ)で実施され、男子は午前10時、女子は午後1時30分にスタートする。男女とも優勝校が全国高校駅伝(12月24日・京都)、上位6校が関東高校駅伝(11月18日・山梨)の出場権を獲得する。男女に分けて、見どころを探った。

■埼玉栄、昌平の2校軸 前回Vの本庄東も有力

 2年ぶりの埼玉栄か、初優勝の昌平か。2校がしのぎを削る展開になりそうだ。前回優勝の本庄東も地力は十分で、2強を崩しにいく。

 埼玉栄は精神面と実力の両面で引っ張る主将の高野を中心に諏訪、山賀との3本柱が強力。1、2区で先頭を走り、主導権を握りたい。

 大黒柱の高野は、小柄ながらバネがあり、躍動感のある走りが特徴的。自分でレースを組み立てるクレバーさも備え、安心して1区を任せられそう。2区は負けず嫌いの諏訪が入るか、成長著しい2年生の山賀か。2年生の佐俣や練習で上級生についていけている1年生らも絶好調で、遜色ない。

 昨年、一昨年を1、2年生主体で戦った昌平は地道に力をつけてきた3年生に底力がある。加えて、安定感のある2年生、急成長の1年生と、層の厚さは随一。

 1500メートルを4分33秒で走り、スピードのある金森、粘り強い走りが持ち味の上村の2人が軸になる。2年連続で5区を走っている高沢も長い区間は得意だ。実力が拮抗(きっこう)し、オーダーは当日まで分からないが、それほど実力者がそろっている。

 本庄東は、1区石原の出来に左右されそうだ。実力的には昨年のエース宮坂朋と比べても決して見劣りはしない。宮坂恵の走りにも注目したい。創部2年目の本庄第一も面白い。底上げは十分にでき、初挑戦の11位からジャンプアップを狙う。1区の1年生エース荻原ら下級生が主体だが、若さゆえの強さもある。

 エース石塚が頼もしい坂戸西のほか、戦力が整っている川越南、熊谷女、東農大三、大宮東、市川口ら関東切符を懸けた戦いは混戦模様だ。

最終更新:2017/10/31(火) 10:30
埼玉新聞