ここから本文です

シュワルツマン 快勝で初戦突破、イズナーとの身長差38センチ対決へ<男子テニス>

2017/10/31(火) 21:20配信

tennis365.net

ロレックス・パリ・マスターズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、ハード、ATP1000)は31日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク25位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)が同53位のV・トロイキ(セルビア)を6-3, 6-4のストレートで下し、大会初の初戦突破を果たした。

【ディエゴ・シュワルツマン 選手詳細情報】

この日、ファーストサービスが入った時に88パーセントの確率でポイントを獲得したシュワルツマンは、トロイキに1度もブレークポイントを与えず、1時間10分で勝利した。

2回戦では、第9シードで身長208センチの長身J・イズナー(アメリカ)と対戦する。今大会、上位16シードは1回戦免除のためイズナーは2回戦からの登場となる。

25歳のシュワルツマンは2010年にプロへ転向し、2016年のTEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン(トルコ/イスタンブール、レッドクレー、ATP250)でツアー初タイトルを獲得。

身長170センチと小柄ながら、今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初のベスト8に進出し、10月のヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、ハード、ATP250)では、決勝でJW・ツォンガ(フランス)に敗れるも準優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:2017/10/31(火) 21:20
tennis365.net