ここから本文です

ソフトB2位高橋礼、日本Sにくぎ付け 来年はお任せください

10/31(火) 11:02配信

西日本スポーツ

■「希少」188センチサブマリン

 来年のシリーズはお任せください! 福岡ソフトバンクにドラフト2位で指名された専大の高橋礼投手(21)が30日、神奈川県伊勢原市の同大体育寮で宮田アマスカウトチーフ補佐らの指名あいさつを受けた。担当の荒金スカウトが「希少価値が高い」と評価する188センチのアンダースロー右腕は今、日本シリーズにくぎ付け。「日本一の投手陣に割り込めるか不安もあるけど、投げてみたい」と自らが大舞台で躍動する姿を思い描いた。

【写真】今宮の左手とキャッチャーミットを捉えた本塁突入”ベストショット”西スポ

 2年夏にユニバーシアード日本代表に選ばれた。準決勝など2試合の登板で計2回を無失点に抑えて金メダルに貢献。DeNAの浜口と柴田は当時のチームメートだった。「代表でも黙々と練習していた人が、プロでも活躍している」と身近な存在に感じている。

 専大が所属する東都リーグでは1年秋、3年秋、4年春と3度も1、2部の入れ替え戦を経験した。胸に刻むのは4年春、立正大との一戦だ。6回まで無安打投球も、7回1死から四球を与えると安打4本を集められて5失点。チームも負け越し、2部降格の屈辱を味わった。「一つの四球で流れが変わった。怖さを知った」とワンプレーの重みをかみしめた。

 「流れ」がものをいう短期決戦。今シリーズも細やかな継投が目立つ。ベンチにアンダースローがいれば重宝されるはず。頂上決戦での快投もイメージしながら、高橋礼は唯一無二の居場所をプロで築きあげるつもりだ。

西日本スポーツ

最終更新:10/31(火) 11:02
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 15:05