ここから本文です

ドリカム、全国アリーナツアーをスタート!USJ「セサミストリートの仲間たち」がサプライズ登場!

2017/10/31(火) 21:10配信

ニッポン放送

DREAMS COME TRUEが、3年ぶりにリリースした18枚目のアルバム『THE DREAM QUEST』は、オリコンアルバムチャート初登場1位(10/23付)を獲得。そんな新作を携えた全国アリーナツアー「かんぽ生命 Presents DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017/2018 THE DREAM QUEST」を10/21(土)・22(日)さいたまスーパーアリーナからスタートさせている。

ドリカムと言えば、エンタテインメント界きっての“センターステージ使い”として、その斬新なステージプランや表現方法が毎回話題となるが、今回は「こう来たか!」と、また驚かされた。少しだけネタバレ覚悟でレポートすると、12面のステージを使用し、それがまるで空中庭園というか、まったくの別世界を築いている。しかもそこでは、ニューアルバム『THE DREAM QUEST』収録曲全曲(!)を中心に、約2時間半ノンストップで熱いパフォーマンスが繰り広げられる。セットリストの構成といい、すべてにライヴ・アレンジが緻密なまでに施された楽曲ひとつひとつの進化具合が何より感動的だ。

吉田美和のポテンシャルだからこそ可能となる歌唱やダンス、そして中村正人が縦横無尽に操る超弩級6弦ベースの響きなど、ドリカムだから実現できる凄まじくハイレベルなステージは、まさに究極のエンタテインメントに他ならない。アルバム(通称ドリクエ)が様々なジャンルを飲み込んだ音楽的な冒険に満ちた作品だとしたら、このツアーで体感できる世界は、そのアルバムからリアルタイムで継続される音楽的冒険譚と言ってもいいだろう。

さらに今回10月28日(土)・29日(日)の大阪城ホール公演では、ハロウィン直前ということでセサミストリートの人気キャラクターたちがサプライズ登場した。

ハロウィンとセサミストリートの仲間たちがドリカムのステージに表れた背景にはストーリーがある。まずは遡ること今から10年前の2007年。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの大人気アトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」のために「大阪LOVER」を書き下ろしたのが始まりだ。

1/2ページ

最終更新:2017/10/31(火) 21:10
ニッポン放送