ここから本文です

イブラがボクシング世界チャンプと対面、まさに“ライオン達が出会う時”

10/31(火) 17:39配信

SPORT.es

ズラタン・イブラヒモビッチもカーディフで行われたボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチのアンソニー・ジョシュアとカルロス・タカムの一戦を生観戦する機会を逃したくなかったようだ。
このスウェーデン人ストライカーはジョシュアがデビューから20連続KO勝ちで2冠の防衛に成功した試合に駆けつけた多くの有名人の内の1人だった。

イブラヒモビッチは試合後、チャンネル『iFL TV』のインタビューを受けた。
ユナイテッドのストライカーはジョシュアと戦う意思があるかという質問に対して冗談を返した。「もし彼が蹴りやブルース・リーのその他の特技を学びたいなら、私は教える事ができるよ」

イブラヒモビッチは試合についてこのように語った。「審判はボクサー達を守る必要がある。審判は相手(タカム)が連打を受けた時に危険から守ったんだ。審判はここにいた80,000人以上の人々より良く分かっている。私達がノックアウトするところを見たかったのはもちろんだが、彼は勝利を手にした。それが最も重要な事だ。」

またイブラはジョシュアを賞賛し、ワイルダーとの対戦を希望している事を明らかにした。「ジョシュアは男だ。私は彼がワイルダーと対戦し、勝利をつかむところが見たい。

試合前にイブラヒモビッチはロッカールームに出向き、ジョシュアと挨拶を交わした。ジョシュアはその記念に自身のTwitterに写真をアップし、このように記している。「ライオン達が出会う時」

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:10/31(火) 17:39
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合