ここから本文です

トヨタ ジャパンタクシーがいよいよ街で走り出す【東京モーターショー2017】

2017/10/31(火) 19:23配信

オートックワン

これぞまさに次世代を代表するタクシー

トヨタは、10月25日から開幕された東京モーターショー2017に日本の「おもてなしの心」を反映し、さまざまな人に優しいユニバーサルデザインを採用した新型タクシー「ジャパンタクシー」を展示した。

>>トヨタ ジャパンタクシーのおもてなしを見る!

ジャパンタクシーは、利用者が乗降しやすい低床フラットフロアや大開口のリア電動スライドドア(左側のみ)、車いすでの乗車も可能な構造など、グリップから構造全体に至るまで工夫と改良を重ねている。

一方、ドライバーの使い勝手も考えられており、タクシーで頻繁に使用されるハザードスイッチをハンドル右手側に大きく配置し、近年のハイブリッド車では珍しいまっすぐなシフトレバーを採用したことで操作ミスの軽減が期待される。

現在主流のUDカーの一つであるトヨタ プリウスαでは、ハザードの位置とエンジンスイッチの位置が近く、間違えてエンジンを切ってしまう問題や、シフトがどこに入っているか分かりづらいという難点があったがそれらを見事に解決している。

最終更新:2017/10/31(火) 19:23
オートックワン