ここから本文です

AKB48渡辺麻友さん、地元埼玉で涙の卒コン 最後のセンター曲熱唱 11年間信じた道、間違いなかった

2017/10/31(火) 22:58配信

埼玉新聞

 年内の卒業を発表している人気アイドルグループAKB48の中心メンバー、渡辺麻友さん(23)=埼玉県出身=の卒業コンサートが31日、さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで約1万7千人のファンを集めて開かれた。

 オープニングは所属するチームB思い出の曲『初日』をソロで披露。時折、涙をこらえる場面もあったが、40人のオーケストラに合わせてしっとりと歌い上げた。その後は指原莉乃さん、柏木由紀さんら苦楽を共にしたメンバーと自身最後のセンター曲となる新曲『11月のアンクレット』などこの日のために選んだ全35曲を熱唱。正統派アイドルらしい“まゆゆスマイル”全開で会場を熱気に包んだ。

 渡辺さんは「この11年間信じて歩んできた道が間違いなかったと確信した。たくさんの愛情をありがとうございました」と全国のファンに別れを告げた。

 渡辺さんは2007年4月に3期生としてデビュー。「まゆゆ」の愛称で親しまれ、中国、台湾など海外でも絶大な人気を誇る。全来場者に埼玉新聞の特集号が配られたほか、海外メディアも詰め掛けた。

最終更新:2017/11/1(水) 2:30
埼玉新聞