ここから本文です

【ブラジル】10月第3週の貿易黒字11億ドル

2017/10/31(火) 4:17配信

サンパウロ新聞

 2017年10月第3週(16~22日、5営業日)のブラジルの貿易は、輸出が45億8000万ドル、輸入が34億7300万ドルで、収支は11億700万ドルの黒字だった。これにより、同月の黒字額は35億8900万ドルに、また年初来累計の黒字額は568億6500万ドルに、それぞれ拡大した。産業貿易サービス省が23日発表した。

 同週の1営業日当たりの取引額は、輸出は9億1600万ドル、輸入は6億9460万ドル。同月の第2週までの平均に対して輸出額は1.2%縮小、輸入額は6.7%拡大した。

 輸出額は乗用車や飛行機用エンジン及びタービン、燃料油、非冷凍オレンジ果汁、飛行機部品などを中心に完成品が1.4%伸びたが、半製品は2.0%、1次産品は0.4%、それぞれ縮んだ。半製品の縮小は主に大豆原油や鋳鉄、アルミ地金、皮革などの出荷額減による。また、1次産品の縮小は主に原油、銅鉱石、鶏肉、牛肉、豚肉、貴金属かす、コーヒー豆などの輸出額が落ちたことによる。

 一方の輸入額の伸びは、主に燃料・潤滑油、自動車及び自動車部品、医薬品、光学・精密機器、プラスチック及びプラスチック製品の購入額が拡大したことによる。

サンパウロ新聞

最終更新:2017/10/31(火) 4:17
サンパウロ新聞