ここから本文です

CL オリンピアコス対FCバルセロナ先発予想、デウロフェウ復活か?

10/31(火) 22:00配信

SPORT.es

チャンピオンズリーグ グループステージ グループD、オリンピアコス対FCバルセロナの一戦がアテネで10月31日20:45(日本時間11月1日4:45)から行われる。

リーガ第10節アスレティック・ビルバオ戦では、FCバルセロナ監督エルネスト・バルベルデはアンドレ・ゴメスをトリデンテの一角に起用している。
この起用により、オリンピアコス戦、マラガ戦、アトレティコ・マドリード戦で優れたパフォーマンスを見せていたジェラール・デウロフェウが控えに回っている。
しかしアテネでは、相手を抜き数的有利な状況を作れるデウロフェウがスターティングメンバーに戻る可能性が高いだろう。

怪我でイニエスタを欠くミッドフィールダーは、ビルバオで素晴らしいパフォーマンスを見せたパウリーニョ、ラキティッチ、ブスケツで構成されることになるだろう。

ディフェンスには、チームに帯同し問題なくトレーニングを行っているハビエル・マスチェラーノが名を連ねることになるだろうが、試合前にメディカルチームの最終確認を待つ必要があるだろう。
ビルバオ戦では感染していたためプレーはしなかったものの、ここ2日で回復が見られており、オリンピアコス戦はスターティングメンバーとしてプレーする可能性が非常に高い。

しかし、もしマスチェラーノが最終的にプレーできないというようなことがあれば、ユムティティのパートナーとしてフェルメーレンをセンターバックに起用することが予想される。

ビルバオ戦では何かしらの違和感によりメンバーには名を連ねていなかったが、今回は問題なさそうである。また、もしフェルメーレンが起用されれば、同選手にとって今シーズン初のチャンピオンズリーグとなる。なお、バルサのユニフォームを着てこれまでチャンピオンズリーグを3試合しか戦ったことがなく、それは2年前に監督ルイス・エンリケの指揮の下で行われたグループステージである。

右サイドバックはビルバオ戦で右サイドバックから中盤にポジションを変えて素晴らしいパフォーマンスを見せたセルジ・ロベルトの代わりにセメドを起用するのか監督バルベルデの判断に大きな注目が集まる。

バルサの先発予想メンバーは以下の通り。
GK
テア・シュテーゲン

DF
セメド
マスチェラーノ
ユムティティ
ジョルディ・アルバ

MF
セルヒオ・ブスケツ
ラキティッチ
パウリーニョ

FW
デウロフェウ
メッシ
スアレス

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:10/31(火) 22:00
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合