ここから本文です

ミシンのこつ児童へ伝授 高齢者招き交流授業

2017/10/31(火) 11:07配信

宮崎日日新聞

 都城市の大王小(永井秀樹校長、500人)は5、6年生の家庭科で、ミシンの扱いを地域の高齢者から学ぶ初めての交流授業を27日まで行った。高齢者は家庭で扱う機会が少ない子どもたちに、縫い方などを丁寧に指導。児童たちは「分かりやすい」「勉強になる」と喜んでいた。

宮崎日日新聞

最終更新:2017/10/31(火) 11:07
宮崎日日新聞