ここから本文です

海賊版漫画の誘導サイト摘発

10/31(火) 17:51配信

ホウドウキョク

海賊版の漫画が読めるインターネットサイトへ利用者を誘導する、いわゆる「リーチサイト」の運営者の男らが、著作権を侵害した疑いで逮捕された。
著作権法違反の疑いで逮捕されたのは、「はるか夢の址(ゆめのあと)」の運営者・成合太彰(なりあい・たかあき)容疑者(23)ら9人。
成合容疑者は2016年8月、人気漫画「NARUTO」などの海賊版がアップロードされているサイトの情報を自分が運営するサイトに公開し、閲覧できるようにした疑いが持たれている。
成合容疑者は、「はるか夢の址」という、海賊版の漫画などを無料で読むことができるサイトへ利用者を誘導する、いわゆる「リーチサイト」の運営メンバー。
このサイトは、6年前から運営され、成合容疑者は、ほかに逮捕された男らに、違法な漫画などをアップロードするよう指示していたという。
海賊版による著作権侵害の損失は、6年間でおよそ4,100億円と試算されている。

・必見「海賊版漫画の誘導サイト摘発」の動画

関西テレビ/FNN

最終更新:10/31(火) 17:51
ホウドウキョク