ここから本文です

『リーサル・ウェポン』第5弾、メル・ギブソンやダニー・グローヴァーらが画策か

2017/10/31(火) 15:00配信

クランクイン!

 1987年から1998年に4作が制作された刑事アクション映画『リーサル・ウェポン』シリーズ。主演の俳優メル・ギブソンとダニー・グローヴァーが、監督のリチャード・ドナーと共に第5弾の可能性について模索しているという。

【関連】『リーサル・ウェポン』フォトギャラリー


 Deadlineによると、ドナー監督が再びメガホンを取り、『リーサル・ウェポン4』のチャニング・ギブソンが脚本を執筆する方向で動いているとのことだ。現時点では不確かな要因が多々あるとのことだが、メルやダニー、ドナー監督らが同企画に参加する意思を固めているという。前作の4作を製作した米ワーナー・ブラザースで進められるそうだ。

 2016年には米Fox局でテレビドラマシリーズ化された『リーサル・ウェポン』。妻を失い自殺願望のあった刑事マーティン・リッグスとベテラン刑事のロジャー・マータフがコンビを組み、ロサンゼルスの凶悪犯罪に挑む姿を描く。メル演じるリッグスは、ダニー演じるマータフや彼の家族との温かいふれ合いを経て、生きる希望を取り戻していく。

 4作の世界興行収入合計は9億5520万ドル(約1081億950万円)に上るという『リーサル・ウェポン』シリーズ。4作目から約20年の歳月を経て5作目が現実のものとなるのか、今後の続報を待ちたいところだ。

最終更新:2017/10/31(火) 15:00
クランクイン!