ここから本文です

愛称「KENKO DOME」 滑川市屋内競技場 

10/31(火) 22:33配信

北日本新聞

 滑川市は、市スポーツ・健康の森公園隣接地で建設中の「滑川市屋内運動場」の愛称を「KENKO(ケンコー) DOME(ドーム)」とし、来年1月下旬から2月上旬の運用開始を目指す。31日の市議会総務文教委員会協議会で完成予想図を示して説明した。

 愛称は、建設目的の「市民の健康増進」や、市スポーツ健康の森公園の「健康」にちなんで名付けた。

 運動場は敷地面積約1300平方メートルで、緩い勾配の屋根が付いた全天候型。外壁は西側正面がダークレッド(濃い赤色)で、愛称が刻まれ、他3面はサンドホワイト(明るい灰色)となっている。

 工事は9月に着手し、既に鉄骨基礎と屋根部分が完了するなど全工程の約半分を終えた。今後外壁や防球ネット、グラウンド舗装、トイレ・倉庫の工事を順次進め、1月下旬の完成を目指す。

 この日は委員が現場を視察し、担当者から工事の進み具合を聞いた。

北日本新聞社

最終更新:10/31(火) 22:33
北日本新聞