ここから本文です

空港入り口に花苗1300株 県緑化造園土木協会

10/31(火) 22:36配信

北日本新聞

 県内78の造園業者でつくる県緑化造園土木協会(加茂輝隆会長)が31日、富山市秋ケ島の富山空港正面入り口の花壇に花苗1300株余りを植えた。

 協会員15人が約30平方メートルの花壇の中央に青とオレンジのパンジー計730株を植え、その周りを紫と黄色のビオラ計630株で縁取った。富山の空の玄関口を華やかにしようと、同協会が2008年から毎年行い10年目。水やりや除草は地元の新保校区自治振興会(高見憲太郎会長)が協力する。

北日本新聞社

最終更新:10/31(火) 22:36
北日本新聞