ここから本文です

【日本S】ソフトBが3戦連続先制、また柳田が口火 内川先制打「デスパがやられたので」

10/31(火) 19:26配信

Full-Count

柳田がヒット&盗塁でチャンスメーク、デスパイネは凡退も…

 またしても、ソフトバンクが初回に先制点を奪った。31日、横浜へと舞台を移して迎えたDeNA日本シリーズ第3戦。1、2戦と連勝し、勝てば日本一に王手をかけるパ・リーグ王者が、いきなり先制点を奪った。

 初回。クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦から4試合連続で1番で起用された柳田が、またも口火を切った。DeNA先発のウィーランドから痛烈なゴロ。二塁・柴田の守備範囲だったが、これを柴田がキャッチすることができずに、右前への安打となった。

 初戦、2戦目と同じように、初回に柳田が安打で出塁。だが、ここで工藤公康監督は異なる策に出た。過去2戦はすぐさま今宮に犠打をさせていたが、この日は初球に柳田がスタート。俊足を飛ばして、二塁を陥れて盗塁を成功させた。そして今宮が犠打を決めて、柳田は三塁に進んだ。

 2試合連続で初回に先制打を放っていたデスパイネは空振り三振に倒れたが、この日は4番の内川が貴重な一打。ウィーランドの高めに浮いたカーブを逃さず、右翼の頭上を越える適時二塁打となった。

 内川は「打ったのはカーブ。まず先制点を取れて良かった。前のデスパ(デスパイネ)がやられたので、カバー出来て良かったです」とコメント。これで日本シリーズ初戦から3戦連続の初回先制点。三度、ソフトバンクが先手を奪った。

Full-Count編集部

最終更新:10/31(火) 19:26
Full-Count