ここから本文です

【MLBプレーオフ】「滑る」WS球への疑惑広がる 豪腕は驚きの証言「滑ってサインも出来ない」

10/31(火) 22:43配信

Full-Count

ダルビッシュは早くから“異変”を主張? ドジャース投手コーチ「ユウは気付いていた」

 アストロズが3勝2敗とドジャースをリードし、球団初の世界一に王手をかけているMLBのワールドシリーズ。31日(日本時間1日)の第6戦で決着がつく可能性もあるが、米国内ではここにきて「滑るボール」疑惑が浮上し、大きな話題となっている。第5戦終了時点で、両軍はワールドシリーズ新となる計22本塁打を記録。投手が使用球のコントロールに苦しんでおり、口々にレギュラーシーズンのボールと比べて「滑る」と訴えているのだ。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 現場の声は切実だ。米誌「スポーツ・イラストレーテッド」は「ワールドシリーズの歴史的な本塁打率はおそらく、滑りやすいボールによるためだ」と特集を組み、選手やコーチの数々の証言を紹介した。

 この問題が表面化したのは、第2戦で6回2安打3失点と力投し、第6戦では2度目の先発マウンドに上がるアストロズのジャスティン・バーランダーの“告発”から。2011年のサイ・ヤング賞右腕は29日(同30日)の会見で、「最も不平なことは公式球がポストシーズンでも少し変わったことなんだと思う」と主張。「ポストシーズンのボールとワールドシリーズのボールも違う。少し滑るんだ。それに対応しなければいけない。でも、これは1人の投手が『おい、どこか変わったぞ』と、言っていることではないんだ」などと訴えていた。

 記事では「土曜日、ドジャースとアストロズの投手やコーチたちはワールドシリーズのボールについて不満を口にした。ワールドシリーズで使用されているボールは、レギュラーシーズンのものよりも滑るという」と指摘。ドジャースのリック・ハニカット投手コーチは、第3戦でスライダーを制球できずにKOされたダルビッシュから、早い段階でボールの“異変”を訴えられていたという。

「ユウは違いに気付いていた。ボールが滑りやすいと私に言った。彼はスライダーを投げるのに苦労していたよ。彼は同じようにスライダーを投げることができていなかった」

 同投手コーチはこのように証言。ダルビッシュも取材に対して「スライダーを投げるのに苦労しています。滑りやすいんです」と話したという。右腕はバーランダーの発言などを受けて、自身のツイッターでも「昨日ブルペンでワールドシリーズのボールを使って投げましたがやはりスライダーは難しいですね。。カーブはなんとかなりますが。ここにきてガラッと変わっちゃうとか本当にあり得ないです」と投稿していた。

1/2ページ

最終更新:10/31(火) 23:24
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 21:15