ここから本文です

F1 Topic:2018年のF2昇格が確実視されていた福住仁嶺がシート喪失の危機

10/31(火) 7:39配信

オートスポーツweb

 メキシコGPの土曜日、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長がパドックに姿を見せた。最終戦アブダビGPまでF1には来ない予定だったはずが、突然の来訪。いったい何があったのか。 

【画像】GP3ドライバーズランキング3位につける福住

 今季のGP3で現在選手権3位に付け、来季はF2選手権へのステップアップを目指す福住仁嶺選手のシート交渉が目的とのことだった。

 福住選手はつい最近まで、松下信治選手が在籍していたARTへの加入がほぼ確実視されていた。チームとホンダで、基本的な合意ができていたという。ところがここに来て突然、その話は白紙になってしまった。チーム側はホンダからのメールに、返事さえ返さない状態のようだ。

 ARTは現在、バーレーン王室が株式の大半を所有している。そして同王室は、マクラーレンの共同オーナーでもある。つまりARTは今後マクラーレンのジュニアチームとして、彼らの息の掛かったドライバーを育成する場となる。そこにホンダの入る隙はないということなのだろう。


 福住選手は現在、F1に最も近い日本人ドライバーである。来季のF2で上位の成績を収めることができれば、これまでのポイントと合わせて、F1昇格に必要なスーパーライセンスを獲得できる。それを手に、2019年からF1デビューというのがホンダの描くシナリオだ。
 
 それだけに来季は、競争力のあるチームで結果を残す必要がある。ところが頼りにしていたARTの突然の翻意で、別の可能性を探る必要が出て来た。それで急きょ、山本部長が遠征してきたというわけだ。
 
 関係者との話し合いの結果、中堅チームとの交渉が何とかまとまりそうなのは喜ばしいことだ。しかし今回のシート探しに限らず、モータースポーツを取り巻く状況は一瞬にして激変する。ホンダはこれまでF1で何度か裏切られ、後手に回ってきた。それが今回のF2でも繰り返された形となったのは残念という他ない。

[オートスポーツweb ]