ここから本文です

2018年の世界ラリークロスは初開催アメリカ含む全12戦。開幕戦は4月のスペインRX

10/31(火) 10:27配信

オートスポーツweb

 WorldRX世界ラリークロス選手権の2018年シーズンの開催スケジュールが発表されている。開幕戦は4月14~15日のスペインRX、最終戦は11月24~25日の南アフリカRXとなる。

 2018年のWorldRXは初開催のシルバーストン、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)を含む全12戦で構成。スペインRXは2年連続で開幕戦を務める。

 第2戦ポルトガルRX、第3戦ベルギーRXを経て行われる第4戦イギリスRXは、伝統の地、リッデンヒルからF1やWEC世界耐久選手権でおなじみのシルバーストへ場所を移しての開催だ。

 その後はノルウェーやスウェーデン、カナダ、フランスを周り、9月29~30日にアメリカ・テキサス州のCOTAで第10戦が行われる。

 第11戦はドイツにおけるラリークロスの聖地、ブクステフーデで開催。最終戦は2017年と同様南アフリカ・ケープタウンでの1戦となる。

 今年も一部ラウンドでFIAヨーロピアン・ラリークロス選手権やRXクラスが併催される予定。

 この2018年開催スケジュールは12月に行われる世界モータースポーツ評議会(WMSC)を経て、正式に確定する。

■2018世界ラリークロス選手権 暫定カレンダー(10/24時点)
Round/Day/Country
1/4/14~15/スペイン
2/4/28~29/ポルトガル
3/5/12~13/ベルギー
4/5/26~27/イギリス
5/6/9~10/ノルウェー
6/6/30~7/1/スウェーデン
7/8/4~5/カナダ
8/9/1~2/フランス
9/9/15~16/ラトビア
10/9/29~30/アメリカ
11/10/13~14/ドイツ
12/11/24~25/南アフリカ


[オートスポーツweb ]

最終更新:10/31(火) 10:29
オートスポーツweb