ここから本文です

三者三様の心理が現れたスタートの"スリーワイド”バトル【F1メキシコGP決勝分析】

2017/10/31(火) 12:01配信

オートスポーツweb

 2017年F1第18戦メキシコGPは、スタートで逆境に見舞われながらも9位入賞したルイス・ハミルトンが4度目の戴冠。今宮純氏がメキシコGPを振り返り、その深層に迫る──。 

ベッテルとの接触でパンクを喫したルイス・ハミルトン

---------------------------------

 1周遅れの9位で4冠王となったルイス・ハミルトン、決して格好悪い決め方ではない。ミハエル・シューマッハーも2003年日本GPでは最下位から8位に上がり、6冠を決めている。

 あのレース展開とはやや異なるが、ハミルトンは最下位の逆境からよじ登って行った。いままでの3冠とはまったく違う「恐ろしいレース」に、彼は冷静で落ち着いてポジションを取り戻した。

 それを強く感じたのは、セバスチャン・ベッテルと接触してから何度かオンエアされた無線の肉声トーンだ。

 放送禁止用語を叫ぶとか、感情的にはなっていなかった。マシンの現在状況を冷静にエンジニアに伝え、逐一戦況を確認しながら必要十分なペースを保とうとした。『今年のハミルトンは変わった』と、とくに夏休み明けから(個人的に)そんな印象を持って見てきたがこのレースがまさにそうだった。

 勝ち気満々なマックス・フェルスタッペンと、もう勝つしかないベッテルと、勝つより決めればいいハミルトン。

 その3人の心理がスタートから1コーナーでのスリーワイドに露わになった。イン側にベッテル(ここは自分のコーナーだぞ)、センターにフェルスタッペン(ブレーキングで獲るぞ)、アウト側にハミルトン(ニアミスだけは避けたい……)。

 1次接触はベッテルとフェルスタッペン。フェラーリのフロントウイング左翼端板が欠けて飛ぶ。2次接触はベッテルとハミルトン。アウト側にいたハミルトンの右リヤタイヤは、凶器と化したベッテルの翼端板に切られる。パンクダメージを負ったメルセデス、フロントウイングを破損したフェラーリ。どちらも傷ついた。



 これらの危うい瞬間プレーに3人が大きく乱れず、スピンしないまま切り抜けたのはさすがだ。もしもひとりでもそうなっていたら、後続車を巻き込む多重接触事故が発生し、レースは赤旗中断……。

 タイトル決定戦は運命的結末に一変していったかもしれない。

 この瞬間を最も安全に切り抜けたのがフェルスタッペン。以前から何度も指摘しているように、彼の“見切り”は天性の鋭さがある。ほぼダメージがないままライバルをかわすと、完全独走ドライビングに集中。

 際立っていたのはセクター2だ。S字コーナー区間で毎周同じクリッピングポイントをかすめ、きれいな“4ホイール・ドリフト”で通過する。絶えず前後が滑っていても、そのスライドアングル(角度)がバランスされているから、4本のタイヤはまっすぐ直進状態に見える。

 終盤からクルージングに移行するまで彼はF1らしい、ダイナミック・ドリフトでずっとレッドブルを操っていた。時々TVに映るピット内にいた父親ヨスさんが、ほれぼれするような表情で見とれていたのが印象的だ(息子は父を越えたと失礼ながら、そう読みとらせていただく)。


 2周目19位からベッテルはカルロス・サインツJr.、フェリペ・マッサ、ピエール・ガスリー、ロマン・グロージャン、ブレンドン・ハートレー、ストフェル・バンドーン、フェルナンド・アロンソ、ケビン・マグヌッセン、ランス・ストロール、エステバン・オコンを安全・安心な方法で抜いていった。

 絶望の境地になりながら貫いた4位と最速ラップ、彼にすれば価値あるものではなかったかもしれない。それでも見る者としては、追走する4冠王の意気地がくみとれるものであった。

 どういう決まり方になるにせよ、戴冠戦はシーズンを凝縮するような『レース・オブ・ザ・イヤー』になるものだ(と自分は思う)。ウイニングランでは4冠王ベッテルが、4冠新王ハミルトンに寄り添うようにサイド・バイ・サイドで称えた。

 ここに完全勝利した新鋭フェルスタッペンもいて“スリーワイド”で並び、互いに祝いあうシーンを見てみたかった。



[オートスポーツweb ]

最終更新:2017/10/31(火) 16:50
オートスポーツweb