ここから本文です

ドラフト指名3投手、活躍誓う ミリスタ報告会に250人

2017/10/31(火) 1:51配信

北國新聞社

 BCリーグ・石川ミリオンスターズのシーズン報告会は30日、金沢市の金沢東急ホテルでファンら約250人を集めて行われ、選手とスタッフは無冠に終わった今季を糧に巻き返しを宣言した。26日のドラフト会議で指名された3投手は石川の地で得た経験を生かし、憧れの舞台で活躍することを誓った。

 寺田光輝(DeNA6位)、寺岡寛治(楽天7位)、沼田拓巳(ヤクルト8位)の3選手は指名後初のイベント出席となった。冒頭、6月に急逝した元監督の森慎二氏に黙とうをささげた後、後援会代表世話人を務めるエース(東京)の森下宏明社長=白山市出身=のあいさつ、渡辺正人監督の報告に続き、佐野慈紀球団取締役の発声で乾杯した。端保聡社長は「ミリスタを愛してくれる皆さんのおかげです」と感謝した。

 報告会に先立ち、3投手は北國新聞社を訪れ、飛田秀一会長に指名の喜びを語った。端保社長と渡辺監督が同行した。

北國新聞社

最終更新:2017/10/31(火) 1:51
北國新聞社