ここから本文です

「YouTube TV」アプリ、「Apple TV」「Xbox」などにまもなく登場

10/31(火) 7:36配信

CNET Japan

 「YouTube TV」は、ケーブルテレビにとって代わることを目指して4月に米国で提供開始された月額35ドルのライブテレビサービスだ。目まぐるしく進化するテレビ配信業界において、競合各社が「Roku」や「Apple TV」などを対象にテレビアプリを提供する中、YouTubeは、まずはスマートフォンアプリだけでミレニアル世代に訴求するつもりだと述べていた。そして「Chromecast」以外の機器用の大画面向けアプリを2017年末までに提供すると約束していた。

 YouTube TVはまもなくその約束どおり、ストリーミング機器やゲーム機などの多数のテレビ接続機器やスマートテレビに提供される。つまり、同サービスの番組、映画、ビデオを、スマートフォンやPCに触れる必要なく、リモコンやゲームコントローラ上の実際の物理的なボタンを使って表示し、視聴できるようになる。

 同アプリがリリースされる製品の正式リストは以下のとおり。

「NVIDIA SHIELD TV」
「Android TV」搭載テレビ(ソニーなど)
「Xbox One」「Xbox One S」、まもなく「Xbox One X」
Apple TV
スマートテレビ(LG、サムスン、ソニーなど)

 リリース時期は製品によって異なる。YouTubeによると、リストの上から3項目には「今後数日のうち」に提供し、それ以外の製品には数週間のうちに提供する予定だという。主要なテレビ端末プラットフォームでYouTube TVアプリが提供されないものとして、Amazonの「Fire TV」とソニーの「PlayStation」がある。

 ネコの動画やハウツー動画などの無数の独立系チャンネルと番組で溢れる、誰もがよく知る無料のYouTubeとは異なり、YouTube TVは、ケーブルテレビに直接競合するサービスであり、有料で提供されることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:10/31(火) 7:36
CNET Japan