ここから本文です

【中国】中国版スペースシャトル、20年に打ち上げへ

11/1(水) 11:30配信

NNA

 中国のロケットや宇宙船などの開発を手掛ける国有企業、中国航天科技集団公司(CASC)は、2020年前後に再使用型宇宙輸送機を打ち上げる計画を明らかにした。10月31日付科技日報が伝えた。
 米国のスペースシャトルなどと同様に、使い捨てではなく回収、再使用が可能な宇宙輸送機の開発を進めているという。開発担当者によると、従来の使い捨て輸送機よりも輸送コストを5分の1から10分の1に引き下げ、20回以上の再使用に耐える設計を目指す。
 米国の宇宙企業スペースXが運用する「ファルコン9」のような2段式ロケットになるとみられる。ファルコン9が1段目のみを再使用するのに対し、中国機は1段目と2段目がそれぞれ翼を持ち、帰還後はともに水平着陸して回収、再使用できる構想という。

最終更新:11/1(水) 11:30
NNA