ここから本文です

ジャンボカボチャは何キロ? JAL、羽田でハロウィン仮装係員出迎え

11/1(水) 12:05配信

Aviation Wire

 日本航空(JAL/JL、9201)は10月31日、羽田空港国内線第1ターミナルでハロウィンのイベントを開いた。飾り付けが施された搭乗口では、地上係員が仮装して乗客を出迎えたほか、赤ちゃん連れなど手伝いを必要とする乗客向けの「スマイルサポート」のカウンターには、巨大なジャンボカボチャを展示。重さを当てるクイズが行われた。

【ハロウィンの仮装をしたJALの地上係員】

 ジャンボカボチャは、北海道の女満別空港に近い佐呂間町産で、羽田での展示は昨年に続き2回目。ハロウィンの飾り付けの一つとして、空港内3カ所に10月1日から31日まで展示した。このうち、空港南側にあるスマイルサポートのカウンターには、もっとも大きなカボチャが並べられた。

 重さ当てクイズでは、予想重量が一番近かった一人に、羽田-女満別線の往復航空券をプレゼント。1位を含む上位100人には、ジャンボカボチャの種を送る。JALによると、展示コーナーへは男性が3人掛かりで運んだという。

 搭乗口では、ハロウィンの仮装をした地上係員が案内アナウンスをし、乗客にお菓子と感謝カードを配布した。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:11/1(水) 12:07
Aviation Wire