ここから本文です

桂正和原作「電影少女」が新設定でドラマ化決定! 主演は野村周平

2017/11/1(水) 6:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 累計発行部数1400万部を突破した漫画家・桂正和氏の人気作「電影少女」が、新たな設定のもと「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」のタイトルで初めてドラマ化され、野村周平が主演を務めることが決定した。「Perfume」や星野源といった人気アーティストのミュージックビデオを手がける関和亮がメガホンをとり、「桐島、部活やめるってよ」「ディストラクション・ベイビーズ」の喜安浩平が脚本を担当する。

 1989~92年に連載された同作は「ウイングマン」「I"s」といった作品で「週刊少年ジャンプ」黄金期を支えた桂氏によるSF恋愛漫画の金字塔。不思議なレンタルビデオ店「GOKURAKU」で貸し出される特殊なビデオテープから実体として現れる少女“ビデオガール”と、彼女たちの助けを必要とする純朴な少年を中心とした物語が人気を博した。ドラマ版は、心優しい高校生・弄内洋太(もてうち・ようた)を主人公とした原作の「あい編」から25年後を描くストーリー。主演の野村は、洋平の甥・弄内翔(もてうち・しょう)として登場する。

 親が離婚し、叔父・洋太の家に居候することになった高校生・翔は、 同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いていた。しかし、彼女は翔の親友・智章に好意を抱いており、恋の行方は前途多難。家庭も学校もうまくいかない日々が続くなか、ある日翔は叔父の家の納戸で、壊れた古いビデオデッキを発見する。何かに惹かれるようにビデオデッキを修理すると、映し出された映像から“ビデオガール”のアイ(ドラマ版はカタカナ表記)が現実世界に飛び出してきた。

 “ビデオガール”のアイと3カ月間の奇妙な共同生活を送る主人公・翔を演じる野村は「今回は若い役者さんが多く出演するドラマなのでみんなで楽しくやっていけたらと思います」と意欲十分。「(翔は)両親が離婚していることもあり何か心に抱えているような、殻に閉じこもっている高校生です。ですが“ビデオガール”アイと出会い一緒に過ごしていくうちに、彼は段々と変わっていきます」と内容ーの一端を説明すると「原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように精一杯演じたいと思います。楽しみに待っていてください」と意気込みを明かした。

 一方、岡山天音主演で「I"s」のドラマ化(18年放送)も発表された桂氏は「(原作は)思い出深い作品なので、ドラマになることがすごく嬉しいです」と喜びを爆発させている。さらに、リブート版ともいえる設定について「今回のコンセプトが面白くて期待大!!  脚本を読ませて頂いた時から、どんな人が演じるんだろうと、あれこれ想像してましたが、イメージピッタリで、ワクワクしてます!!」とコメントを寄せている。

 「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」は、18年1月からテレビ東京系列の「土曜ドラマ24」枠で放送開始。

最終更新:2017/11/1(水) 6:00
映画.com