ここから本文です

宮里優作に心強い援軍 父・優さん来場に「楽しそうでした」

11/1(水) 18:13配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 事前情報(1日)◇PGMゴルフリゾート沖縄 (沖縄)◇7005yd(パー71)

【画像】宮里優作と宮里優さん

気温25度の汗ばむ陽気の中、入念にコースをチェックした。賞金ランキング2位の宮里優作がプロアマ戦をプレー。今季2勝目をあげた「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」(5月)以来となる地元・沖縄での戦いをにらんだ。

今年から舞台を沖縄に移したホスト大会。「暖かいのでクラブの振り方も違う。いい状態で臨めると思います。沖縄で2試合あるのはありがたい。僕の場合は考えすぎないでやっていきたい」。最終日が雨天中止となった直近2試合は6位、2位と調子は上向き。賞金ランキング1位の小平智とは約138万円差で、選手会長として初めてとなる賞金王も視野に入っている。

心強い援軍にも表情を緩めた。妹・宮里藍に付き添った先の「全英リコー女子オープン」(8月)で体調不良により救急搬送された父・優さんが、前日の練習ラウンドでカートに乗りながら18ホールを帯同したという。「まだ本調子じゃないけど、楽しそうでした。週末には来ることができるかも」。父の前で頂点に立ち、元気づけたいところだ。

「ティショットの正確性を出していかないといけない。メリハリのあるコース。たくさんバーディが出る感じではない」。今季は残り5試合に迫る中、地元の声援を追い風にシーズン4勝目一番乗りを勝ち取る。(沖縄県恩納村/玉木充)