ここから本文です

ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

11/1(水) 8:00配信

ScanNetSecurity

株式会社日立システムズは10月31日、セキュリティオペレーションセンター「SHIELD 統合SOC(Security Operation Center)」を開設したと発表した。同SOCは、これまで同社SOCで提供してきたIT分野に対するセキュリティ運用監視サービスを、OT分野、IoT分野まで拡大し、より多様化するユーザの事業環境へ対応するもの。

同社のセキュリティアナリストのノウハウや、日立グループのOT分野に関する知見・ノウハウ・サービス、外部機関のセキュリティインテリジェンス情報を活用し、さらに世界に点在する日立システムズグループの各SOCにいるIT分野・IoT分野のセキュリティアナリストと連携した分析力により、ユーザ環境内のセキュリティインシデントの早期発見、迅速な解決、事業継続を支援する。

今後同社は、幅広い業種・規模の企業・団体向けに「SHIELD 統合SOC」を起点にしたセキュリティソリューション「SHIELD」を積極的に展開し、ネットワーク・セキュリティ関連事業で、2020年度年間売上600億円を目指すとしている。

(吉澤 亨史)

最終更新:11/1(水) 8:00
ScanNetSecurity