ここから本文です

元オセロ中島知子、現在の収入事情を告白「食べていけない」

11/1(水) 7:10配信

シネマトゥデイ

 インターネットテレビ局「AbemaTV」で27日に放送された番組「エゴサーチTV」に出演した、元お笑いコンビ・オセロの中島知子が、現在の収入事情について告白。「正直言って、それ(写真集や映画)だけじゃ食べていけない」と明かした。

【画像】中島知子、ふくふくして元気そう 収録外での写真

 同番組MCの西野亮廣(キングコング)とは、2004年に放送されたバラエティー番組「恋するハニカミ!」での共演以来だという中島。二人が当時を振り返りながらトークを進めていく中で、彼女の仕事に触れることも。過去3冊の写真集を出版している中島は、「結構売れましたね。一応、全部黒字です」と写真集の売れ行きが良いことを公表。その後も「写真集はこれから何十冊も出したい」「50歳くらいまで熟女の写真集を出版し続けたい」と意欲をのぞかせるが、現在の収入の話に及ぶと今の仕事だけでは食べていけない実情も。

 近況について中島は「基本的に食べれない場合には、友達に食べさせてもらったりしていますね。それが多い時も結構ある」と語っていた。

 だが、売れっ子当時は自身でも「散財していた」というほど。海外で洋服のバーゲンに行った際には「一回で350万くらい使っていた。芸能人で自分が稼いでなかったらあれだけど、当時は稼いでいるからそりゃ使っていたよね」と振り返る。しかし、西野に「収入が落ちた時に我慢しないといけないストレスはないですか?」と問われると、中島は「ないです」ときっぱり。衣装代など経費として使っていた部分の側面が強かったことを述べていた。(濱島裕)

最終更新:11/1(水) 7:10
シネマトゥデイ