ここから本文です

「アロンソは来年タイトルが狙える」とブラジルの大御所

11/1(水) 20:18配信

TopNews

ブラジルの英雄として知られる元F1ドライバーのエマーソン・フィッティパルディが、2018年にはフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がタイトルを狙うことも可能だろうとの見方を示した。

マクラーレンでは2015年から3年におよんだホンダとの関係を解消し、2018年以降はルノーからパワーユニットの供給を受けることになっている。

■マクラーレンのシャシーとルノーPUならタイトルが狙える

ブラジル人ドライバーとして初めてF1チャンピオンとなったことで知られる70歳のフィッティパルディは、アロンソの母国スペインの『AS』に次のように語った。

「私は、かなりよくなるだろうと思っているよ」

「私はフェルナンドが最高だと考えているし、マクラーレンのクルマも素晴らしいと思っている。アロンソが先日、コーナーでは素晴らしいクルマだと言っていたからね」

「だから、もし来年彼ら(マクラーレン)がシャシーや空力の性能を維持しながらルノーエンジンを積めば、彼らは表彰台や優勝を争えるし、タイトルだって狙えるだろう」

■サインツもフェルスタッペン同様将来有望

また、現役時代に2度F1王座に就いた経験を持つフィッティパルディは、アロンソと同じスペイン出身のカルロス・サインツも今後さらに活躍するだろうと考えている。

「彼はルノーといういい所にいるし、私は彼が一歩ずつトップに近づいていくと見ているよ」

そう述べたフィッティパルディは、次のように付け加えた。

「フェルスタッペン(レッドブル)などとともに、彼も将来のあるドライバーだ」

最終更新:11/1(水) 20:18
TopNews