ここから本文です

ロゴタイプの全妹フェイスマークなどがデビュー/新馬戦

2017/11/1(水) 17:56配信

netkeiba.com

 11月3日(祝金)・4日(土)・5日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、1日確定した。

 今週は東京、京都、福島で計11鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

※左から、馬名(性別、騎手・調教師、父馬)

◆11/3(祝金)
・京都5R(牝・芝1400m・14頭)
マリアバローズ(牝、C.デムーロ・石坂正、ディープインパクト)…アドマイヤムーン産駒の半兄ハクサンムーンは2013年のセントウルSなど重賞3勝を挙げ、GIでも2着2回と活躍した。調教の動きも良く、いかにも切れがありそう。

・京都6R(ダ1400m・13頭)
メイショウバイタル(牡、幸英明・沖芳夫、メイショウボーラー)…順調に乗り込まれ、追い切りでも併せ馬で良い動きを見せた。仕上がりが良さそう。

・京都7R(芝1600m・12頭)
ミルコメダ(牡、C.デムーロ・石坂正、エイシンフラッシュ)…エルコンドルパサー産駒の半兄ヴァーミリアンはダートでGI・9勝。芝でも重賞を勝っている。

◆11/4(土)
・東京5R(ダ1300m・13頭)
ミスターメロディ(牡、戸崎圭太・藤原英昭、Scat Daddy)…順調に乗り込まれ、追い切りでは栗東Bコースで鋭い伸びを見せた。初戦から期待できそう。

・東京6R(芝1600m・11頭)
フェイスマーク(牝、田辺裕信・田中剛、ローエングリン)…全兄ロゴタイプは2013年の皐月賞などGI・3勝を挙げた。

・福島5R(ダ1700m・15頭)
ウインハピネス(牡、松若風馬・宮徹、アイルハヴアナザー)…母コスモフォーチュンは2006年の北九州記念を制している。調教の動きも良く、初戦から期待できそう。

◆11/5(日)
・東京4R(ダ1600m・11頭)
ワークアンドラブ(牡、福永祐一・田所秀孝、シニスターミニスター)…じっくりと乗り込まれ、直前の追い切りでも良い動きを見せた。

・東京5R(牝・芝1400m・16頭)
タガノエルフ(牝、北村友一・安田隆行、キンシャサノキセキ)…半兄のタガノトネール、タガノエスプレッソは重賞勝ち馬。調教の動きも良く、初戦から期待できそう。

アイワナシーユー(牝、福永祐一・戸田博文、ステイゴールド)…馬主は今夏のセレクトセールで話題となったDMMドリームクラブ(DMMバヌーシー)。母ワナダンスはアルゼンチンのダートGIの勝ち馬。

・東京6R(芝1800m・10頭)
ステラーインパクト(牝、M.デムーロ・堀宣行、ディープインパクト)…昨年のセレクトセール1歳で、牝馬最高額となる1億3500万円で落札された。順調に乗り込まれ、ビッシリと追った1週前の調教では良い動きを見せた。

・京都5R(芝2000m・13頭)
アプルーヴァル(牡、横山典弘・音無秀孝、オルフェーヴル)…順調に乗り込まれ、1週前の追い切りでは横山典弘騎手騎乗とは言え、栗東坂路で4F50.9秒、ラスト1ハロン12.6秒と好タイムを出した。素質が高そう。

・京都6R(芝1400m・14頭)
エアアルマス(牡、C.ルメール・池添学、マジェスティックウォリアー)…米国産馬。栗東坂路での追い切りではラスト1F12.2秒と鋭い動きを見せた。仕上りが良く、初戦から期待できそう。

最終更新:2017/11/1(水) 18:00
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ