ここから本文です

阪神 ソフトバンク構想外の山田を獲得調査

11/1(水) 11:30配信

東スポWeb

 投手補強を目指す阪神がソフトバンクから来季構想外となっている山田大樹投手(29)の獲得調査を進めていることが31日、分かった。

 2006年育成ドラフト1位指名で入団した山田は10年に支配下選手となり、12年には8勝を挙げるなど通算24勝26敗。二軍では過去に2年連続最多勝利投手に輝き、今季の一軍登板は2試合に終わったものの、6月11日の阪神戦(ヤフオク)で5回4安打1失点と今季唯一の白星を挙げている。

 山田には金本監督ら現場首脳陣の評価も高く、フロント幹部は「投手は何人いてもいいくらい」と話している。

最終更新:11/1(水) 11:30
東スポWeb