ここから本文です

広瀬すず&福士蒼汰“優雅すぎる”ポスター完成!櫻井翔「ラプラスの魔女」に主演級俳優結集

11/1(水) 10:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「嵐」の櫻井翔が約4年ぶりに映画単独主演し、広瀬すずと福士蒼汰が共演した「ラプラスの魔女」のポスタービジュアルが、このほど完成した。広瀬と福士が漆黒の衣装に身を包み、スタイリッシュにたたずむ“優雅すぎる”仕上がりだ。あわせて豊川悦司、リリー・フランキーら“全員主演級”とも言える豪華キャストの出演も発表された。

 ベストセラー作家・東野圭吾氏のデビュー30周年記念作を基に、鬼才・三池崇史監督のメガホン、ドラマ「半沢直樹」などの八津弘幸による脚本で映画化。連続して起きた2つの不審死。それぞれの現場は遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも自然現象下での硫化水素中毒死、しかも死亡した2人は知人同士だった。地球化学の研究者・青江修介(櫻井)は警察から事件の調査を依頼されるが、検証の結果、事件性そのものを否定する。

 ところが謎の女性・羽原円華(広瀬)が事件現場に現れ、青江の目の前で“次に起こる自然現象”を言い当てていく。なりゆきで円華と行動をともにすることになった青江は、彼女が失踪した甘粕(福士)という青年を探していることを知り、そして新たに発生した第三の事件へと巻き込まれていく。

 発表されたキャストは、豊川、リリーのほか玉木宏、志田未来、佐藤江梨子、TAO、高嶋政伸、檀れい。豊川が甘粕の父親である元映画監督・甘粕才生、リリーが円華の父親である脳神経外科医・羽原全太朗、玉木が事件を追う麻布北署の刑事・中岡祐二、志田が青江の助手・奥西哲子、佐藤が硫化水素中毒死した被害者の妻・水城千佐都、TAOと高嶋が円華のボディガードである桐宮玲&武尾徹、檀が円華の亡き母・羽原美奈を演じる。

 また、特報映像も初披露(https://youtu.be/x4EVQdIE68Q)。三池監督が創出したソリッドなルックとともに、不可解な事件が動き出すさまを見ることができる。「ラプラスの魔女」は、2018年ゴールデンウィークに全国公開予定。

最終更新:11/1(水) 10:00
映画.com