ここから本文です

ほぼヌード!? テイラー・スウィフトの新曲MVにファン騒然

11/1(水) 12:22配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

テイラー・スウィフトの6作目となるアルバム『レピュテーション』の発売まであと約10日と迫るなか、急きょ本作収録予定の「・・・レディ・フォー・イット?」のミュージックビデオが解禁された。

【詳細】MVはこちら

現在話題となっている新生&過去のテイラーが続出する「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」のミュージックビデオとは異なり、「・・・レディ・フォー・イット?」のミュージックビデオでは、まるでSFアクション映画のような作品で、サイボーグテイラーと、過去のテイラーが対立するような内容となっている。

とくに、本編がフルで解禁される前のトレイラー映像で肌色のボディスーツに身をまとったテイラーを見たファンから「まるでヌードのよう!」との声が多数あがり、話題となっていた。

テイラー本人も「こんなにも多くの人が、このボディスーツについてたくさん話してくれているなんて、本当にうれしいわ」とコメントしている。

また、ビデオの中には前回のビデオ同様、いくつかのメッセージが隠されており、世界中のメディアがいろいろと推測している。

なかでも、テイラーのラッキーナンバーである「13」もビデオの中に出てくるほか、グラフィティで壁に描かれている「89」と「91」という数字が、テイラーが生まれた1989年の「89」と、現在交際が噂されている俳優のジョー・アルウィンの生まれた1991年を意味しているのではと言われ、さらにパスコードを押すシーンで「21」を押すシーンがあり、ジョーの生まれた2月21日の日付の「21」ではないかと言われている。

そのほか、サイボーグテイラーが乗る白馬は、テイラーが2009年に発表したアルバム『フィアレス』に収録されているテイラーの失恋ソング「ホワイト・ホース」のオマージュではないのかと言われている。

最後に、ビデオ本編の後半に雷に打たれてしまう“過去のテイラー”が立つ台には「THEY’RE BURNING ALL THE WITCHES」(彼らはすべての魔女を燃やす)と書かれているが、これは昔、無罪な女性を「魔女」と呼んだ「魔女狩り」を象徴しているのではと噂されている。

実際、本作の監督ジョセフ・カーンは「メディアは女性に対する扱いが不平等だ。女性は男性にはない、知的な共感力を持っているぶん、男性はそれを恐れる。そう、過去にあった魔女狩りのように」とコメントしており、それぞれのシーンには、深いメッセージが隠されていることが伺われる。

ほかにもまだまだ隠されているメッセージがあるかもしれないので、そうしたところをじっくり探しながら観るのも面白いかもしれない。

リリース情報
2017.11.10 ON SALE
ALBUM『レピュテーション』

テイラー・スウィフト OFFICIAL WEBSITE
http://www.universal-music.co.jp/taylor-swift/