ここから本文です

【欧州CL】マンU首位キープも1次リーグ突破はお預け

11/1(水) 11:30配信

東スポWeb

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ8試合が31日(日本時間1日)に行われ、A組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は2―0でベンフィカ(ポルトガル)を下して首位をキープしたが、CSKAモスクワ(ロシア)がバーゼル(スイス)に2―1で勝ったため1次リーグ突破はお預け。B組2位のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)は敵地でセルティック(スコットランド)に2―1で勝ち、決勝T進出を決めた。

 C組のローマ(イタリア)はFWエルシャーラウィの2得点などでチェルシー(イングランド)を3―0で圧倒し、首位に浮上。負ければ敗退の危機だったアトレチコ・マドリード(スペイン)はカラバグ(アゼルバイジャン)と辛うじて1―1で引き分け、決勝T進出に望みをつないだ。

 D組の首位バルセロナ(スペイン)は敵地でオリンピアコス(ギリシャ)とスコアレスドロー。FWメッシのCL通算100得点はお預け。ユベントス(イタリア)は後半34分のFWイグアインの得点で追いつき、スポルティング(ポルトガル)と1―1の引き分け。

最終更新:11/1(水) 11:30
東スポWeb