ここから本文です

広瀬氏入閣 カープ最強外野陣作る!3連覇へ誠也も「少し物足りない」

11/1(水) 6:04配信

デイリースポーツ

 広島は10月31日、OBで野球評論家の広瀬純氏(38)が外野守備走塁コーチに就任したと発表した。1軍を担当する見通し。昨シーズン限りでの現役引退から1年。再びユニホームに袖を通す広瀬氏は、この日の午後、マツダスタジアムで記者会見に臨み、セ・リーグ最強外野陣の構築を目標に掲げた。背番号は「75」に決まった。

【写真】広瀬氏といえば…15打席連続出塁の日本記録!死球禍から手に入れた「違う感覚」

 スーツ姿で会見場に表れた広瀬氏は、キリリとした表情で決意表明した。現役引退からわずか1年で復帰。しかもリーグ2連覇を達成し、来季は3連覇と日本一を狙うチームの一員になる。喜びとともに重責を口にした。

 「またカープのユニホームを着られることをうれしく思う。連覇しているチームなので楽しみで仕方がない。16年、カープで野球をやらせてもらって愛着がある。チームの輪に入れることに、あらためて身が引き締まる思い」

 2年間在籍した河田外野守備走塁コーチが今季限りで退団。広瀬氏は、その後任として1軍の外野守備走塁を担当する見通しだ。現役時代にはゴールデングラブ賞を獲得した経験もある。理想に掲げるのは「セ界最強の外野陣」だ。

 鈴木は今季、リーグワースト2位の6失策だった。「僕の中では少し物足りない。ボールへの寄せ方だったり合わせ方だったり。肩は強いし、もっともっと伸びしろは十分にある」。丸や松山、バティスタ、野間らのポテンシャルの高さも、初めて現場を離れ他球団を見てきた1年で感じ取った。「外野手は全員に期待している」と力を込めた。

 得点に直結する三塁コーチャーにつくかは、現段階では未定だ。11月1日からマツダスタジアムで始まる秋季練習に参加。スケジュールを調整して日南秋季キャンプにも向かう予定。キャンプに向けて行われたスタッフ会議で同球場を訪れていた緒方監督は「いきなりは難しいかもしれない。でも、いろんな角度から勉強をしてもらうのは大事なこと」と期待を寄せた。

 広瀬氏は会見で「コミュニケーション」という言葉を連呼した。「レギュラーとか控えとか、年上の選手もいますけど、関係なく伝えないといけないことは伝えます。厳しく言うときは言う。しっかりとコミュニケーションをとって、同じ方向を向きながら進んでいく。より一層、カープを強くしたい」。コーチとして歩み始める第二の野球人生。全身全霊を傾ける。