ここから本文です

【巨人】ドラ7超人村上「トリプルスリー狙う」

11/1(水) 6:04配信

スポーツ報知

 巨人からドラフト7位で指名された奈良学園大・村上海斗外野手(22)が31日、奈良県内の同大学で岡崎スカウト部長らの指名あいさつを受けた。

 恵まれた巨体からは、すでに超人のオーラが漂っていた。「早く1軍で活躍したい。トリプルスリーを狙えるような選手になりたいです」。身長189・6センチ、体重95キロ。阪神・糸井やソフトバンク・柳田をほうふつとさせるスケール感だ。巨人の日本人支配下野手では最長身となるが、身体能力も高く、50メートル走は5秒8、遠投は110メートル。握力も右手78キロ、左手73キロと怪力で、大学1年時のバスケの授業では軽々とダンクを決めていたという。

 悩みも超人級だ。「周りからは『抜けている』と言われます。僕は結構ガチでしゃべっているつもりでも、なぜか笑われるんです」と村上。ドラフト指名直後の会見でも、真面目に所信表明したはずが、周囲からは笑いが起こったらしい。だが、それも含めての魅力だろう。かつて1軍ヘッドコーチや2軍監督として数多くの選手を見てきた岡崎スカウト部長は「迫力がある選手。打撃を伸ばすことができれば、十分にレギュラーを狙える」と期待していた。

 ◆村上 海斗(むらかみ・かいと)1995年7月7日、京都府生まれ。22歳。北海道・北照高では3度の甲子園出場。奈良学園大に進み、3年時の大学選手権では、準決勝の中京学院大戦で4打数3安打2打点と活躍した。17年ドラフトで巨人から7位指名。189センチ、95キロ。右投右打。

最終更新:11/1(水) 6:56
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 20:45