ここから本文です

こんなドラえもん見たことない! 28組の芸術家が作品発表「THE ドラえもん展」開催

11/1(水) 12:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]11月1日から開催される「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」に先立ち10月31日、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで報道向け内覧会が行われた。

【フォトギャラリー】展示の模様はこちら

 国内外で活躍する28組のアーティストが、それぞれの「ドラえもん」への思いを込めた作品を発表する。2002年の「THE ドラえもん展」以来15年ぶりの企画で、美術史家の山下祐二氏の監修の下、村上隆氏はじめ前回から引き続き参加の奈良美智氏、蜷川実花氏、福田美蘭氏、森村泰昌氏のほか、しりあがり寿氏、会田誠氏、山口晃氏ら人気作家と、近年注目を集める若手アーティストが、絵画、彫刻、写真、書道など、さまざまな技法による新作を発表する。

 会場の後半では「映画ドラえもん」をテーマにした12作品が展示され、園子温監督「アンチポルノ」ビジュアルを手掛けた篠原愛氏による「映画ドラえもん のび太の魔界大冒険」の一場面、坂本友由氏が描く「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争」で巨大化したしずかちゃん、「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」をレーザーで表現した後藤映則氏のプロジェクション作品、「映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト」から増田セバスチャン氏による高さ2.3メートルの巨大ぬいぐるみ、れなれな氏の「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」の黒板アートなど、個性豊かな作品が並ぶ。

 展覧会のメインビジュアルは、村上隆氏による花のモチーフ、原作者の藤子・F・不二雄氏とドラえもんの名シーンを3メートル×6メートルという巨大サイズで描いた「あんなこといいな 出来たらいいな」。展示作品は一部を除きほぼ撮影可能。併設のカフェではコラボレーションメニューが提供される。

 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は、2018年1月8日まで、森アーツセンターギャラリーで開催。

最終更新:11/1(水) 12:00
映画.com